本物のミンクのコートと偽物を区別する方法は?

ミンクのコートと偽物を区別する方法

ミンクのコートと偽物を区別する方法は?一見すると、この質問は少なくとも奇妙に思えます。天然毛皮と人工毛皮の違いは、毛皮で作られた毛皮のコートを着ていない人でも、誰にとっても明らかです。

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

しかし、ミンクにはまったく違う毛皮が配られることがよくあります。ミンクとは関係のない毛皮は、ミンクのコートを人気にした特徴がありません。ミンクと偽物を区別することは非常に困難ですが、不可能ではありません。

天然毛皮製品の主な特徴

現代の技術は、本物の毛皮に決して劣らない人工的な類似物を生産することを可能にします。しかし、人々は頑固に毛皮のコートを手に入れ続け、そのために動物が殺されます。この素材は社会的地位、社会における地位の象徴であり、それから作られた製品は一流であり、時代遅れになる可能性はほとんどありません。

ミンクは、クロテン、オオヤマネコ、チンチラとともに貴重な毛皮の最高のカテゴリーに属し、耐摩耗性の向上が特徴です。ミンクのコートは少なくとも6〜8冬の間着用され、10〜14シーズン続くことがあります。

ミンクがとても好きだったのは美しさと耐久性のためでした。しかし、価格と同様に、品質も異なります。品質は主に毛皮の年齢、肌の一部、ミンクの種類(ヨーロッパ、スカンジナビア、アメリカなど)に影響されます。毛皮のコートはさまざまな部分から縫い付けられています。後ろから見ると、額やおでこから、より高価です-より安いです。

ミンク毛皮のコート

機能の説明 チェック方法
ガードヘアとアンダーコートの色に違いはありません。ミンクのダウンは厚く、外毛をしっかりとホールドし、ファーを折りたたむと均一に飛散します。 あなたは毛皮のコートのセクションを曲げる必要があります。元のミンクは皮膚の基部を露出することはありません。折りたたむと、ふわふわした下塗りだけが見え、そこから外毛の光線が分散します。
染料が汚れません。 毛皮が染色されている場合は、染料が完全に塗布されています。つまり、革のベースも染色されています。アンダーコートを押して、肌をやさしくこする必要があります。指に跡がある場合は、品質に差がないか、ミンクではありません。
ガードヘアは抜けません。 ミンクは、ガードヘアの喪失が単に不可能であるような方法で処理されます。毛が手に残っている場合は、パイルを引っ張る価値があります-毛皮のコートが正しく保管されていないか、それは模倣品です。
アンダーコートは厚くて濃いです。 ミンクは、厚くて豪華なコートとそれに対応するアンダーコートを持つ動物です。毛皮のコートを調べるときは、ダウンに特別な注意を払う必要があります。弱く、まばらで、特に密ではない下塗り-模倣の証拠。
革のベースはプラスチックです。 もちろん、毛皮のコートの革ベースの可塑性や柔らかさなどの指標は、肌のドレッシング方法に影響されます。しかし、ミンクは、ドレッシングを使っても、ざらざらしたり、固くなったり、曲がりが悪くなったりすることはありません。
グリースや臭いはありません 毛皮のコートは服を着た肌から縫い付けられており、無脂肪で自然な臭いがありません。それらの存在は、質の悪いドレッシングまたは模倣を示しています。

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

毛皮の品質の自己評価

自分たちで品質を判断してみましょう。この方法は、個々のスキン、および製品全体に適しています。

タッチで評価

上質な毛皮は滑らかで柔らかな手触りです。適度にしなやかで、絨毛に手をかざすと、絨毛は元の位置に戻るはずです。少し刺す必要があります。耐摩耗性の低い毛皮、同じウサギ、柔らかく、とげのないもの。アンダーコートも十分に厚いかどうかを確認してください。

重要:良い毛皮は染色する必要はありません。欠陥を隠すためにカットして色を付けます。

下塗りを見てください

ミンクは冬と夏です。それらはパイルとアンダーコートが異なります。冬は下塗りが厚く、暖かく、コストも低くなります。夏のミンクは、より滑らかで均一で光沢のある外観を持ち、下塗りはより小さく、より多くの費用がかかります。

コアをチェックします

メズドラ-皮膚の下部。彼女は年齢について話します。軽い弾力性のあるコアを持つ製品とスキンのみを選択してください。濃い茶色-毛皮の古い時代を示します。

メズドラミンク

視覚的に評価する

一般的にコートや肌を見てください。毛皮は均一でなければなりません。後ろからの毛皮はより密で滑らかです。額、おなか、その他の部分は耐久性が低く、美しいです。しかし、それらはかなり安いです。

重要:裏側から見た商品では、目地や下塗りが全く見えません。キャストスキンのような印象を与えます。パーツのファーコートは小さな半円から縫い付けられているように見え、波打っているように見えます。

毛皮のコートを選ぶときは、製品のオープンエリアの素材を注意深く調べるだけではありません。多くの悪意のあるメーカーは皮を組み合わせて、高品質のミンクから、そして別の種類の毛皮やスクラップから物の一部を作っています。

粘膜

襟と袖の襟を注意深く検査することに加えて、裏地の下を見る必要があります。隠すものがないメーカーは、裏地を下から固定しません。

ファーファームはまた、独自のシールでスキンをマークします。それらの存在は、製品の品質と信頼性を保証します。シールは裏地の下を見ると調べることができます。購入時にミンクのコートの品質を決定するのに役立つのは、このトリックです。

ミンクとして何が渡されますか?

毛皮メーカーが使用するミンクの「ダブラー」は次のとおりです。

うさぎ。 非常に柔らかなパイルと不均一な光沢があり、ミンクの皮は非常に均一に輝いています。ウサギの髪の色はさまざまです。アンダーコートは、摘採中に手に髪を残します。

ウサギの毛皮

マーモット。 フェイクファーのコートの製造によく使用されます。彼らの主な違いは、マーモットがとがった毛皮を持っているという事実にあります、その上の毛は完全に異なる長さです。マーモットの山も弾力性があると考えられていますが、特別な可塑性はありません。ストローク中に、非常に毛むくじゃらになる可能性があります。

グラウンドホッグファー

名誉。 この動物は、フェレットとミンクを交配することによって得られます。そのような毛皮を本物のミンクと区別することは非常に難しいでしょう。それは黒い色、不均一な光沢と厚い茶色の下塗りによって与えられます。

ホノリックファー

コロノク

コリンスキー

ヌートリア

ヌートリアの毛皮

もちろん、ミンクとその人工的な対応物は、しばしば元の皮膚として見過ごされます。

また読む: ジーンズと何を着ることができますか –トレンディなルックス2021

ミンクと他の毛皮の違い

ウサギは、チンチラ、特にレックスの品種の安価な類似物としてより適しています。しかし、彼はミンク、通常は剪断されたミンクにも配られます。ウサギはいい動物です。それは速く成長し、手触りが柔らかいです。その価格は毛皮市場で最も安いものの1つです。

若い女の子がウサギで作られたベストや財布を持っていることはまったく恥ずべきことではありません。高価で高品質のミンクを装って、ウサギの毛皮のコートを提供すると、さらに悪いことになります。

ウサギの毛皮のコート

経験不足はそのような「ミンクコート」の購入につながります。しかし、これは避けることができます。あなたは用心深い目と懐疑的な態度の助けを求めなければなりません。

ミンクとウサギを目で見分けることができます。うさぎの毛皮はふわふわです。コットンボールのように見えます。実質的に下塗りはありません。ウサギをミンクの短い山に近づけるために、それをはじきます。アンダーコートがある場合は、パイルを離して、内側を見てください。

色を見てください。うさぎは単色で、ミンクは小さな白い毛があります。毛皮のコート自体は太陽の下で「遊ぶ」ことはなく、輝きもありません。次のテストはタッチです。. うさぎはミンクよりずっと柔らかいです。より多くの毛皮のコートを感じてください。10を過ぎると、毛皮が柔らかい場所と硬い場所がわかります。

重要:せん断されたミンクは、トリミングされたガードヘアで触るととげがあり、ウサギはまだ柔らかいままです。

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

ミンクのアイテムとして渡された天然素材から作られた製品は、それほど簡単に認識できません。結局のところ、そのようなものは絶対に毛皮製品のすべての兆候を持っています。

ウサギの毛皮のコート

皮はミンクとして渡されました

✅ オリジナルミンク

ラビットファーは非常に柔らかいガードヘアと、それほど厚くないアンダーコートを備えています。ダウンは密ではありません;折りたたまれたとき、毛皮は光線で散乱しません。

すぐに濡れます。また、うさぎの「小屋」、毛が散りばめられています。

厚くて緻密なアンダーコートがあります。外毛は硬く、曲げると光線が均一に散乱します。

濡れず、液体が表面から転がり落ちます。

グラウンドホッグスキンは、スキンがウールに対してストロークされた場合に外毛が元の位置に戻らないという点で異なります。

アンダーコートはスモーキーで、青くキャストされています。

髪はすぐにまっすぐになり、機械的な衝撃を受けた後、元の位置に戻ります。

ダウンはガードヘアと同じ色です。

ヌートリアは、特別な方法で処理された場合、ミンクと実質的に区別がつきません。このようなスキンは、引き抜かれたと呼ばれます。

皮膚の側面の比例比は1X1.5です。杭の長さ-10mm、革のベース-ラフ。

皮膚の側面の比例比は1対2.5または3です。パイルの長さは5〜6 mmで、革のベースは薄く、弾力性があり、柔らかいです。
柱の外皮は杭の長さが不均一で、ガードヘアの先端が曲がることがあります。 髪の毛は1対1でしっかりと横たわっていて、剛毛や曲がりはなく、長さの違いは1ミリメートルを超えません。
Honorikのウールは元の肌に最も近いですが、それでも1つの違いがあります。アンダーコートはガードヘアよりも軽いです。 ダウンヘアとガードヘアの色は変わりません。

ミンクに扮したウサギの皮は簡単に見分けられます。難しい-特に素材がファッショナブルな明るい色で描かれている場合は、honorika。

人工アナログを認識する方法は?

製品を見ただけで人工的な模倣と本物を区別することができた時代は過ぎ去りました。現代の人工製品は、決して天然製品に劣ることはなく、特定の特性でそれらを超えることさえあります。

人工毛皮

特性 比較説明
輝く 自然な毛皮が明るく輝き、きらめきとまぶしさを感じます。人工の山は鈍く、髪は光を反射しませんが、それを吸収します。
重さ 本物の毛皮のコートは軽く、製品の主な重量は裏地の下の断熱材の塊です。模倣ははるかに難しいです。
コンパクトさ オリジナルの商品は折りたたむのが簡単で、折りたたむと場所をとりません。シミュレーションははるかに面倒です。
品質証明 品質証明書は、天然および人工の両方の毛皮のコートで利用できます。販売者がこのドキュメントが存在しないと主張する場合、これはアイテムの出所と品質を疑う正当な理由です。

もちろん、革ではなく布地をベースにした高品質の模造品ではなく、天然の毛皮と簡単に区別できます。

あなたはあなたの夫にあなたに毛皮のコートを買うように頼んだことがありますか?
はいいいえ

良いミンクコートの違い

良いミンクのコートは高価で豊かに見えます。品質はすべてに見ることができます:カット、仕立て、ディテール、そして毛皮自体のレベル。毛皮のコートは、裏側から、無地のプレートから縫う必要があります。これは最も耐久性があり美しいオプションです。

時々毛皮のコートは溶解で縫われます。この技術では、スキンをヘリンボーンパターンにカットし、縫い合わせます。ファーコートは一種のフライングシルエットですが、製品自体の耐久性は劣ります。仕立ての質が悪いと、最初のシーズンの後に畝が現れることがあります。このようなモデルを選択するときは、縫い目の品質に特に注意してください。

素敵なコート、よくできています。ゆるい糸、半ゆるい縫い目はありません。縫い目はまったく見えないはずです。親愛なる裏地。結局のところ、毛皮のコートは長年購入されており、裏地も事前に摩耗してはなりません。

スタイルに注意してください。超トレンディな仕立ては、1〜2シーズンで時代遅れに見えるかもしれません。毛皮のコートを頻繁に変更する予定がない場合は、クラシックを優先してください。

重要:統計によると、最も人気のある毛皮のコートモデルは膝丈でフード付きです。暖かく、帽子を買う必要はありません。

良い毛皮のコートは、手工芸品の生産で縫われる可能性は低いです。マスターは毛皮を理解し、1つの製品の色と品質でスキンを選択でき、テクノロジーのすべての微妙な点を知っている必要があります。知識と技術は何年にもわたって習得されており、誰もそれらを低品質の製品の縫製と交換することはありません。大規模なサロンは有名な工場と直接連携し、顧客に最高のモデルを提供します。

ミンクの毛皮のコート

染めた皮と純粋な天然毛皮の違い

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

毛皮は、ファッショナブルな明るい色を与えるためだけでなく、染色されています。多くの場合、ペイントは、さまざまな色のスキンから縫い付けられた、またはスクラップで構成された、質の悪いものを単にマスクします。

染めた毛皮

もちろん、メーカーが明るい赤や青の色を付けた毛皮のコートと、染色されていない毛皮を区別することは難しくありません。しかし、自然に描かれたものを認識することは非常に困難です。

特性 染めた肌 純粋な毛皮
レザーベース 革のベースは、黒、茶色から灰色まで、暗いです。色はパイルのトーンを複製します。 パイルの色に関係なく、肌はベージュで、淡いクリーム色ですらあります。
黒色 純粋な明るい黒色-染色の結果。 完全に黒いミンクはありません。この色は常に色合いがあり、茶色がかった色または灰色がかった色になります。
さまざまな照明条件での外観の変化 色は濃く、純粋で、オーバーフローがなく、照明が変わっても変化しません。 照明条件によって外観に違いがあります。パイルグレア、きらめき。

毛皮が染められているかどうかを知ることは非常に重要です。染色手順は、ガードヘアを弱め、アンダーコートの密度を減らし、毛皮の他の特性に悪影響を及ぼします。染めた毛皮のコートのお手入れの手順は、純粋な毛皮製品の手順とは異なります。

天然ミンクは、革ベースのその後の軽量化で染色することができます。原則として、毛皮のコートはそのような皮から縫われるのではなく、アクセサリーを作るために使用されます。

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

同様の仕上げ方法は、毛皮を破壊し、外毛球の巣を弱めます。このように処理された皮から縫い付けられた毛皮のコートは、1シーズンで使用できなくなります。

そのような毛皮を視覚的に識別することはほとんど不可能ですが、毛皮のコートを感じるときにそれを区別することは特に難しいことではありません。そのような毛皮の下塗りは、外毛と同様に革のベースから簡単に引き抜くことができ、パイルは実際には皮膚に保持されません。

古い毛皮の特徴

スキン全体から縫い付けられ、染色されていない本物の毛皮のコートも、高品質ではない可能性があります。製品が古い毛皮から縫い付けられている場合、毛皮のコートは長持ちしません。

古い毛皮

特徴 機能の説明
レザーベース 毛皮が長時間横になっていると、革のベースが黄色に変わります。変色に加えて、一部の領域が羊皮紙のようになり、グリーススポットも透けて見える場合があります。
匂い 古いミンクは、長い洗っていない髪のように、特定のにおいがします。時々臭いが悪臭を放ちます。新しい新鮮な毛皮には臭いがありません。
着色 何年にもわたって、毛皮は黄色に変わります。この色合いは、白とグレーブルーのミンクで特に目立ちます。

毛皮が古ければ古いほど、その品質は低くなります。スキンは可塑性と強度を失い、継ぎ目で「広がり」、硬化する可能性があります。

伸びすぎた素材の特徴

毛皮のコートの品質は、皮膚が強く引き伸ばされているかどうかによっても影響を受けます。多くの場合、毛皮製品のメーカーは、アイテムのコストを削減するためにこのトリックに頼っています。もちろん、過度に伸ばされた皮膚は、そのすべての特徴的な特徴において、通常の皮膚よりもはるかに悪いです。

ストレッチファー

過度のストレッチの兆候:

  • 密度とアンダーコートの密度の欠如;
  • 毛包は指で触知できます。
  • 革のベースは薄くてざらざらしていて、見た目はおろし金に似ています。

過度に伸ばされた皮には強度がなく、そのような毛皮の革ベースはガードヘアとアンダーコートを保持しません。

女性と男性の肌の比較

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

専門家の勧告には、原則として、女性と男性の肌を1つに混ぜることは許されないという条項が含まれています。

ライブミンク

特性 ?️ 女性 ?️
レザーベース 皮膚は薄く、非常に弾力性があります。 肌は女性ほど可塑性がなく、厚みがあり、ざらざらしています。
パイル 外毛の長さは男性の皮膚の長さよりも短く、下塗りは貧弱です。 毛皮は女性よりも壮大です。アンダーコートは豊富で緻密で、ガードヘアは長くてふわふわです。
重さ 皮膚は軽く、ほとんど無重力です。 質量は女性の皮膚の質量よりも大きいです。
サイズ 5〜10平方デシメートル 8〜14平方デシメートル

原則として、長い毛皮のコートは女性の肌から縫い付けられています。男性の皮は、ジャケット、カーディガン、ジャケット、ベストなどの短い毛皮製品を縫うときに使用されます。

個々のカテゴリーの特徴

通常の工場の毛皮のコートには、仕立てに使用されるスキンのカテゴリをリストした証明書があります。

カテゴリー 材料の長さ(cm) 材料幅(cm)
"しかし" 70以上 7.5以上
「B」 65-70 7
大きい 54-65 6,5
中くらい 47-54 6
小さい 40-47 5
ショットガン 40未満 5未満

毛皮のコートを縫うときは、さまざまなカテゴリのスキンが使用されます。ただし、それらはすべて、製品に添付されている証明書に登録されています。

購入する前に、ミンクのコートをチェックするのに怠惰にならないでください

だから私たちはエキサイティングな瞬間に到達します:私たちは毛皮のコートが好きです、価格は正しいです、それは私たちのチェックリストを通過するだけです。

毛皮のコートを振るガタガタするかどうか、またはエッジを絞る、ガラガラ音を聞いてください。音は、毛皮が乾燥しすぎているのか、ドレッシング技術に従わなかったのかを教えてくれます。

山を吹く 表面全体に手で触れます。触ってしわを見つけるのではなく、柔らかい毛皮のコートが必要です。

重要:コアの折り目は穴と急速な摩耗につながります。

毛皮に手をかざす または髪をそっと引っ張る。手には何も残ってはならず、毛皮はすぐに元の位置に戻るはずです。毛皮のコートが長い間折りたたまれているか、着用されていないために毛皮が脱落しているという保証を信じないでください。生産技術の違反による毛皮の上昇または脱皮中にミンクが得られた。

外観をチェックしてください、製品全体でどのように同じ色で、スムーズな色の変化。

白いナプキンで毛皮のコートを一掃します またはハンカチ。彼らはきれいなままでなければなりません。だから、毛皮が染まっているかどうかを確認することができます。

コアを見てください、縫い付けられていない場合は、裏地の裾を持ち上げるか、外側から毛皮を押します。薄い肌の毛皮のコートだけを取ります。これは、ペンキや若い毛皮がないことを示しています。

毛皮のコートの裏地は縫うべきではないというバイヤーの間の意見があります、さもなければそれは偽物です。この神話を払拭しましょう。裏地を縫うかどうかはメーカーが決めており、多くの著名なデザイナーや工場が縫い付けており、デザイナー製品のメリットを損なうことはありません。

匂い。 化学臭があってはなりません。染められた毛皮のもう一つの「鐘」。また、あなたは古い動物性脂肪を感じるべきではありません、これは技術的プロセスの違反の指標です。

重要:ペイントしてもメズラが明るいままになることがあります。これは、漂白による染色の技術を適用するとき、または明るくするときに起こります。次に、あなたの匂いの感覚を信頼してください。

あなたの脇の下を見てください。 彼らは中古の毛皮のコートを売ろうとしている売り手を配ります。しわのある脇の下は、摩耗した製品を示します。

縫い目を見てください、それらは強くて耐久性がなければなりません。また、裏地の品質、およびそれがどのように縫われるか。完璧な裏地はバイアステープを通して手縫いされています。

10.ラベルを読みます。 毛皮のシリアル番号と原産国、製造元の住所、その他の連絡先が含まれている必要があります。オークションファー用の別のラベルがまだあります。

店内のミンクコート

中国の毛皮のコートを買うべきですか?

多くの人が信じているように、工場で作られた中国の毛皮のコートは、まったく低品質または低品質の製品ではありません。それどころか、天空の帝国の毛皮は、その絶妙な灰青色の毛皮によって区別され、安価です。

中国の毛皮のコート

しかし、店は高品質の工場製品ではなく、偽造された手工芸品を手に入れることが多いため、購入時に細心の注意を払う必要があるのは中国の毛皮のコートです。

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

中国から適切な毛皮のコートを購入する方法は?売り手は、品質証明書を提示し、それを注意深く調べるように求められなければなりません。文書のテキストはいくつかの言語で提示されており、店が象形文字のみで覆われた紙を提供した場合、それは国内市場での販売または手工芸品の縫製のいずれかを目的としていました。もちろん、製品自体を注意深く研究する必要があります。

さまざまな国の製品の特徴

ミンク製品に関する専門家のアドバイスや推奨事項は、動物が飼育された国によって異なります。スカンジナビアの毛皮製品は最高であると考えられています。

ミンクの毛皮

スカンジナビアの毛皮は次のように分けられます:

  1. フィンランド語、製品マーキング付き-佐賀毛皮。
  2. デンマーク語、このようにマーク-コペンハーゲンファーズ。

フィンランドの製品は、ガードヘアの高いセットと豊富なアンダーコートによって区別されます。デンマークのミンクは異なって見えます。ガードヘアは低く設定され、アンダーコートの近くにあります。デンマークのスキンはふわふわに見えません。

彼らの特徴によると、ウクライナのミンクは彼らよりわずかに劣っています。その下毛はそれほど厚くないと考えられており、芒は長いです。ギリシャの毛皮のコートがより人気があります。ギリシャでは毛皮のコートのコストがはるかに安いという意見もあります。毛皮製品のために特別な旅行に行く人もいます。

しかし、どの国の領土でも、高レベルの生産とそれほど高品質ではない両方のメーカーを見つけることができます。 良い本物の毛皮製品 絶対に安くはないでしょう。そのため、レクリエーションエリアで高額な購入をするリスクを冒すべきではありません。

ロシアと中国のメーカーの毛皮のコートははるかに安いです。現在、一部の中国のメーカーは、高品質の毛皮から毛皮製品を作成する方法も学びました。しかし、そのような毛皮のコートの中には多くの偽物があります。カナダやギリシャの毛皮のコートの価格で中国の毛皮のコートを購入することは非常に残念になるのはこのためです。

また読む: スカートと一緒に何を着るか –トレンド2021

原産国 特徴
カナダ カナダまたは北アメリカのミンクは、非常に密な厚い下塗りの上に挑発的に突き出ている短いガードヘアによって区別されます。

北米の毛皮は視覚的にベルベットに似ており、肌は手触りが柔らかいです。

ロシア ロシアの毛皮は多くの人が考えるほど良くはありません。ロシアのミンクは、ハイセットのアウターコートとリッチなアンダーコートを備えています。

そのような毛皮は貴族のようには見えません、それは少し毛むくじゃらに見えます。しかし同時に、ロシアのミンクは最も暖かいです。

中国語 中国の毛皮の主な違いは、粗いガードヘアと短い、特に密ではないアンダーコートです。

ミンクは、原産国に関係なく、エレガントな毛皮です。ただし、毛皮の特性により、使用には一定の制限があります。たとえば、イブニングドレスのケープは、ロシアの毛皮から縫い付けられていません。

ビデオ:ミンクのコートを選ぶ方法は?

価格をナビゲートする方法は?

Оригинальные норковые шубы рекомендуем покупать ここ

良いミンクのコートはどれくらいの費用がかかりますか?この質問への答えは多くのニュアンスに依存しますが、そのすべてが毛皮に直接関係しているわけではありません。たとえば、標準的な中程度の長さの軽量コートの価格は、凍るような冬には適していませんが、0度の気温には理想的で、SnowQueenチェーン店では約60,000ルーブルです。

雪の女王の毛皮のコート

膝下の暖かい毛皮のコートのコストは20万に近く、ミンクの毛皮のコートは同じ価格帯です。しかし、ミンクの毛皮を他の毛皮と組み合わせた組み合わせ製品は、数倍安価です。ミンクとウサギの毛皮のコートは30,000ルーブルの費用がかかります。

また読む: ロゴを推測する –彼は実際にどのように見えますか?

しかし、これらは典型的なものであり、小さな毛皮のアトリエに縫い付けられたデザイナーデザイナーのコートははるかに高価です。実際、そのようなものには上限はなく、下限は20万ドルを超えています。もちろん、人工毛皮のコートははるかに安価です。

なぜミンクのコートを買ったのですか?
軽くてとても暖かいです。
45.45%
彼女は私のステータスを強調します
9.09%
彼女は私の男の地位を強調している
9.09%
彼女はとても高価に見えます
0%
自信が持てるようになります
18.18%
動物の毛皮は着ていません
18.18%
投票: 11

偽物を売ったらどうしますか?

偽物を売ったらどこへ行けばいいの?

発見する!


アンドレイ・コジェフニコフ

ブログの作者。マーチャンダイザーとしての7年の経験。高品質の製品の定義のスペシャリスト。 5,000以上の偽物を区別しました。私のモットー:完璧に制限はありません!

評価者
OriginalPoddelka-偽物とオリジナルを区別する方法
コメントを追加

  1. アンナ

    そして、何、あなたはこれらのかわいそうな小動物を気の毒に思いませんか?

    返信
  2. エカテリーナ

    クローゼットの中に2年前からホコリが溜まっているファーコートをチェックしましたが、すべてオリジナルです)

    返信
  3. クリスティーナ

    素晴らしい記事です!ありがとう!

    返信